椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)は、ドイツ語で「椎間板が飛び出す」という意味の言葉です。

私たちのからだの中心には背骨があり、背骨は24個の骨が組み合わさって構成されています。背骨の骨と骨の間には椎間板と呼ばれる軟骨が存在し、クッションの役割を果たしています。

椎間板ヘルニアは、このクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)に、激しい運動や老化などの要因によって亀裂が発生してしまい、椎間板の周辺にある繊維輪を突き破って髄核と呼ばれる中心部分が飛び出してしまった状態のことを呼びます。

椎間板ヘルニアになると、この飛び出した髄核が神経を圧迫し激しい痛みや痺れ、麻痺など様々な症状を引き起こします。

ごく軽いものの場合は、安静にしていることで完治するケースもありますが中には手術しなければ症状が改善しないものも存在します。

椎間板ヘルニアの治療法には、自然治癒が期待できる場合に用いられる「保存療法」から非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を用いる「薬物療法」、PLDDをはじめとする「レーザー治療」、内視鏡を使って椎間板ヘルニアを除去する「内視鏡治療」など様々な方法があります。

それぞれの治療法にはメリット、デメリットがあり症状や椎間板ヘルニアの程度によって選択できる治療法も変わってきます。

当サイトでは、椎間板ヘルニアの治療法の解説を中心に、症状や予防法など椎間板ヘルニア治療に関する情報を紹介していきたいと思います。


【免責事項】
 当サイト「椎間板ヘルニアの治療法」は、椎間板ヘルニアに関する参考情報を掲載しております。
 情報の信頼性・正確性には十分配慮したうえで掲載するよう心がけておりますが、掲載されている情報の医学的根拠や成果などについて何ら保証するものではありません。
当サイトを利用することによって生じた事故・トラブル・損害などについて運営者は一切の責任を負いませんので、ご自身の責任においてご判断ください。

椎間板ヘルニアの治療にあたっては、必ず専門医の診断を受け適切な治療法を選択するようにしてください。